広告

全国福利厚生共済会とは?プライム会員の収入の仕組みが本当に儲かるのか計算してみた!

2018/03/31

スポンサードリンク

スポンサードリンク

みなさん「全国福利厚生共済会」または

プライム倶楽部」という団体を

ご存知でしょうか???

 

この記事を読んでいる方は

もしかしたらこの団体に入らないかと

勧誘された方、もしくは会員登録

した方なのかな?と思います。

 

そして実はつい最近私もこの団体の

勧誘を受けた所なんですが、

そんな方々にお役に立てる

情報を提供出来たらなと思います。

 

まず、この「全国福利厚生共済会」に

ついて書かれてあるネットの情報を見て

多いのは、この団体はマルチ(MLM)

なんじゃないの?

 

ということがやはり一番多いですね。

まあいわゆる”ねずみ講”ってやつですね。

 

プライム会員というビジネスを

目的とした月額4000円の会員に入り

他の人を紹介すればするほど自分の

収入が増えると聞かされると、

警戒心の強い方なら誰でも

そう思いますよね。。。

 

実際に私も説明を聞いたときは

そう思ってましたね(笑)

 

そして私は数学とか計算がすごい

好きなので、この全国福利厚生共済会の

ビジネス会員の収入の仕組み

計算してみました!

 

 

もくじ

  • 全国福利厚生共済会(プライム倶楽部)ってどんな団体なの?
  • この仕組みは本当に稼げるのか?

 

こんな記事もどうぞ♪

仮想通貨とか色んな教材がタダで手に入ってしかも1万円以上もらえる!

PCの副業でお小遣いを稼ごう!無料で節約も出来ちゃう超簡単な自己アフィリエイトの紹介!

 

全国福利厚生共済会(プライム倶楽部)ってどんな団体なの?

まず、全国福利厚生共済会ってどんな

団体なのか分からない人の為に

簡単に説明しておこうと思います。

 

全国福利厚生共済会の基本理念は、

会員及びご家族の皆様への多様な

事業提案を通して、より安全で

安定的な生活を送っていただくための、

ライフサポートを目指しています。

 

みなさんの掛金が全国福利厚生共済会の

相互扶助事業をつくり育てます。

と言うもので、

現在では600種類を超える

サービス(福利厚生)と相互扶助

売りにしているようですね。

 

福利厚生と言うのは、

会社の社員が働きやすい環境を

サポートすることなんですが、

社員寮や社内ジムなどがそうですね。

 

そういった福利厚生はだいたい

社員の給料から毎月少しづつ集めて

そういった経費に充てているそうで、

 

例えば、

社員が30万人いる企業で社員の

給料から毎月2000円を福利厚生に

充てていたとしたら、

毎月6億円にもなるんですね。

 

毎月6億円も使えたらそりゃ

福利厚生を充実させることは

簡単ですよね(笑)

 

そうなると社員がもっと働きやすい

環境を作れますし、会社を辞めようとも

思いませんね。

 

そんなシステムを作ろうとしているのが

全国福利厚生共済会なんですね。

 

お祝い金やブライダル、医療、介護福祉や

葬儀、他にも会員限定のインターネット

ショッピングサイトなど色んなサービスを

充実させていって、会員になった人たちの

人生をサポートしてくれるという

福利厚生の仕方ですね。

 

会員から月額で会費を払ってもらって

サービスを提供すると言った感じですね!

 

そして全国福利厚生共済会は

それだけでなく相互扶助なので

ある条件をクリアしていくと

会員もその会費をもらうことが出来る

システムがあるんですね。

 

それは、「会員を紹介すること」です。

 

なぜなら会員が増えれば、

サービスが充実するからですね。

 

そしてサービスが充実すれば

もっと会員を増やすことが出来る。

 

ということで今は会員数が14万人で

まだそんなに多いわけではないので

とにかく会員を増やしたいんですね。

 

なので会員を増やすことに貢献した人に

それ相応の報酬を支払うと言った

ネットワークビジネスですね。

 

ちょっとねずみ講の要素の入った

マルチと呼ばれている商法だと

私は認識しています。

 

私がこの説明を聞いたときには、

最終的には紹介制度は無くなって

広告やパンフレットを見た人が

自動的に入ってくるようになるまで

会員もサービスも充実させていきたい

みたいです。

 

その会費は、サービスだけを受ける

会員なら月額2800円で、

相互扶助も対象となる会員なら

月額4000円になっているようです。

 

サービスだけの会員、サービス会員と

相互扶助も対象のビジネス会員の割合は

ビジネス会員75%、サービス会員25%

程度の割合でいるみたいです。

 

ということは現時点で、

毎月およそ5億1800万円もの

会費が集められているわけです。

 

毎月5億円ってヤバいですよね!

そうだとしたら現時点でもサービスも

かなり充実したものになりそうですよね。

 

ですが、サービスを見た感じ

そんなに良いサービスはまだない

みたいなんですよね。。。

 

これはあくまで個人的な感想ですが、

サービスはお年寄りの方よりなものが

多いように思いますし、今ある

サービスのほとんどが、

「お金を払ってまで受ける

ほどではないかな?」という感じです。

 

冠婚葬祭系が多いのでまず若者には

サービスは向いてないでしょうね。

 

じゃあビジネスに関しては

どうなんでしょうか?

スポンサードリンク

 

この仕組みは本当に稼げるのか?

それではここではこの記事の

メインである、ビジネス会員の

報酬の仕組みなどについて

見てきたいと思います。

 

全国福利厚生共済会のビジネス会員の

報酬の仕組みは、グループ構成による

ラウンド制というものみたいですね。

 

他にもまあ何種類か報酬の条件が

あるんですが、ほとんどの収入が

このラウンド制によるものだと

思います。

 

でもこのラウンド制が結構ややこしくて

分かりにくい仕組みになっているんです。

 

その仕組みをちゃんと説明しようと

思ったらちょっと時間が

かかっちゃうのでここでは

省きますね。

 

その仕組みで私が色んな数値を

計算してみたので紹介しますね!

 

まずは、元が取れる基準値は、

これは簡単で、「5人紹介する」

これでとりあえず月額4000円の

会費はチャラになります。

 

そしてそれ以降はプラスに

なっていくということですね。

 

この”紹介”と言うのは直接的に

紹介した人だけではなくて、

紹介した人が紹介した人も

含まれるようになっています。

 

目安としては、

「50人紹介ごとに約13000円」

こんな感じなので、50人でやっと

9000円プラスになるんですね。

 

5人と聞くと結構いけるかもですが

50人はちょっとなかなか厳しかも

しれませんよね(笑)

 

でも逆に言えば50人間接的に

紹介すると、何もしないで毎月

9000円くらいが入ってくると

思えばわりと良いかも??

 

そしてビジネス会員にはランクが

あって、それぞれのランクに

昇格できると毎月ボーナスも

もらえるようになるみたいです。

 

そのランクは、下から

ゴールドメンバー(200P以上)

プラチナメンバー(500P以上)

エメラルドクラブメンバー(1000P以上)

ダイヤモンドクラブメンバー(3000P以上)

プライムダイヤモンドクラブメンバー(6000P以上)

 

こんな感じになっていて、

ボーナスはそれぞれ、

G.M(約4万円)

P.M(約10万円)

E.C.M(約15万円)

D.C.M(約40万円)

P.D.C.M(約60万円)

こんな感じになっています。

 

ここで出てきたポイント(P)は

紹介した人がビジネス会員なら1P、

サービス会員なら0.5Pです。

 

なのでボーナスをもらうためには

少なくとも200Pは集めないと

いけないんですね。

 

50Pで13000円だったので、

200Pと言うと、52000円ですね。

 

プラスボーナスがあるので、

ゴールドメンバーまで行くと

自動的に毎月10万円近くの

お金が入ってくることになります。

 

ここまで来れればかなり

稼げますよね??

 

でも毎月の報酬額には限度があって

ボーナス込みで毎月500万円まで

というのが限度額のようです。

 

まあ毎月500万円も稼げたら

十分ですけどね(笑)

 

なのでこれ結構良いビジネスなんじゃ?

と思う方もいると思うんですが、

私は次にこんなものを計算して

見ました!!!

 

ここからの数値はあくまでも

客観的な確率論になってくるので

本人の努力値などは一切無視

しているのでご了承ください。

 

それは、実際何人くらいの人が

どのくらい稼いでいるのか?

というのを計算してみました!

 

まず、考え方としては、

例えば、P.D.C.Mの場合だと、

P.D.C.Mは6000P以上必要なので

少なくとも自分より下に、

6000人いないとダメなんですよね?

 

そうすると、6000人いてやっと

1人いるという考え方で行くと

P.D.C.Mは1/6000の確率で

存在しているということに

なりますね。

 

現在が14万人なのでこれで

計算してみると、P.D.C.Mは

約20人ちょっとしかいないんですね。

 

その要領で他のランクも計算してみると

G.M(約360人)

P.M(約120人)

E.C.M(約80人)

D.C.M(約20人)

P.D.C.M(約20人)

こんな結果になりました。

 

14万人いて、ランクがついている人は

たったの600人程度という結果に

なってしまいました。。。

 

残りの13万9400人くらいの人は

5万円も稼げてないという結果です。

なかなか厳しいですよね。。。

 

そして、今入った人がこの計算で

ランクが付くまでに成長できるのは

全体の会員数が何人になった時か

計算してみると、、、

 

約4000万人でした。。。(笑)

 

今入った人は会員が4000万人

くらいになった時にやっと、

10万円稼げるということになります。

 

4000万人ってあり得ないでしょ。

って思うかもしれませんが、

楽天の会員数が現在9000万人を

超えているので、それを考えると

あり得ない数字ではないんですね。

 

ですが、楽天は今創業20年くらいで

全国福利厚生共済会は創業15年くらい

なんですね。

 

楽天の創業15年地点はというと、

すでに数1000万人いたので、

全国福利厚生共済会と比べると

天と地くらいの差がありますね。

 

その理由としては、

「需要がないから」なんですが、

全国福利厚生共済会のサービス内容を

見たら一目瞭然ですね(笑)

 

それともう一つ言うと、会員数が

4000万人くらいになるともう

紹介制度はとっくになくなるので

今ビジネス会員に入ったとしても

ランクが付くようになるには

かなりの努力が必要ですね。。。

 

 

 

それともう一つの考え方としては、

例えば、P.D.C.Mなら自分の下に

少なくとも6000人いるので、

6001人になればP.D.C.Mも2人に

なるんじゃないか?という

考え方です。

 

その考え方で行くと、

自分の上の6000人以上の人は

みんなP.D.C.Mということに

なります。

 

なので現在会員数14万人なので、

13万人くらいはP.D.C.Mという

ことになりますね。

 

確かにこの考え方でも

悪くはないんですが、

 

では次にこんな計算も

してみましょう!

 

先ほど、現在は毎月5億1800万円もの

お金が徴収されていると言いましたが、

そのお金の中からビジネス会員の

報酬も支払われているのでその中から

毎月100万円もらえるのが最大

何人くらいいるのかと言うと、

 

5億1800万÷100万なので、

最大で518人までの人しか

毎月100万円稼げない計算になりますね。

 

今のはあくまで5億1800万円全部

ビジネス会員の報酬に充てた

としたときの結果なので、

実際にはいくらかサービス拡大にも

投資しているはずなので、

518人よりももっと少ない人数ですね。

 

そう考えたら、後者の考え方よりも

前者の考え方の方が現実的かも

しれませんね。

 

しかし、そんなに少ない人数しか

稼げないですし、もしこれから

会員数が増えていくことになれば

紹介制度は無くなるので、

本当に初期段階で始めた人しか

稼げないようなシステムに

なってますね。。。

 

しかも、そんな大金をたくさんの人に

報酬として払っていけるのか

という所も気になりますよね。

 

ここからはあくまで私の

個人的な推測なんですが、

 

おそらく、これはまあ間違いなく

マルチですし、これももってあと

数年くらいで消滅してしまう

かもしれませんね。

少なくとも紹介制は無くなりそう(笑)

 

となると、紹介するのも結構な

労力を使いますし、そんな先が

どうなるのかも分からないところに

お金も時間も費やすよりかは、

私はこうしたブログを書いて

お金を稼ぐ方が何倍も賢い

気がします。。。(笑)

 

ただこれに関しては、

ちょっとでもプラスになれば

得じゃん!と思う方もいるので

何とも言えませんし、それを

止める権利もないのでそこは

本人の自由にしたらいいと思います!

 

ですが、こういうマルチは

結構な頻度で有料のセミナーなどに

行かないか?と勧誘されるので

そういうのには気を付けた方が

良いと思います。

 

以上です\(^o^)/

 

こんな記事もどうぞ♪

仮想通貨とか色んな教材がタダで手に入ってしかも1万円以上もらえる!

PCの副業でお小遣いを稼ごう!無料で節約も出来ちゃう超簡単な自己アフィリエイトの紹介!

スポンサードリンク
広告

-芸能